DRONE PRACTICE AREA

ドローン練習場

ドローン練習場

荒川岩淵関緑地でのドローン練習場としての基本情報は以下の通りとなります。
ご予約いただいた方は全員、当該利用規約同意されたものとみなします。

基本情報

利用期間

令和3年11月29日~令和4年2月28日

利用時間 

1部:09:00~12:00
2部:13:00~16:00

定休日

施設メンテナンス日として、週1日不定期で休業日となります。

利用料金

1区画 / 7,000円
※1区画に6名様迄

支払方法

当日、現金のみ

利用方法

安全確保のため、機体に係留紐(10m∼30m)の着用を義務とします。非着用の場合はご利用いただけません。

本人確認書類の提示

顔写真付きの本人確認書類を当日、受付時にご提示ください。

損害賠償保険の加入義務

損害賠償保険に加入している方のみ、ご利用が可能となります。

利用規約

営業期間

令和3年11月29日~令和4年2月28日

利用時間

1部:09:00~12:00
2部:13:00~16:00

利用料金

1区画 / 7,000円
※1区画につき6名様迄、利用可能

予約

当HP(ネット予約)にてのみ受付となります。

利用方法

安全確保のため、機体に係留紐(10m∼30m)の着用を義務とします。
非着用の場合はご利用いただけません。

ご利用中止判断

・地上風速5m/sを超える場合

・雨天時

無断キャンセルについて

万が一、無断キャンセルをされた場合は次回からのご予約をお断りする可能性がございます。

当日利用

区画に空きがあればご利用可能となります。

その際においてもご利用時間は上記2部制に則ります。

ドローンレンタル

ドローンの現地レンタルはございません。

ヘルメット着用

安全管理のため、区画内に入られる方は全員のヘルメットが必須です。

本人確認書類の提示

(1)顔写真付きの本人確認書類を当日、受付時にご提示ください。

(2)ご提示いただけない場合はご利用できません。

損害賠償保険の加入義務

(1)損害賠償保険に加入している方のみ、ご利用が可能となります。

(2)ご加入されていない場合はご利用できません。

利用管理等

1. 利用者は、別に定める飛行可能エリアおよび高度を守って飛行してください。既定の高度を超える場合は、管理者と協議してください。
2. 飛行可能エリア内の地上風速が 5m/s を越える場合は、利用を中止します。
3. 利用申込み時に記載した機体を使用してください。
4. 試験飛行場には、利用申込み時に記載した人数のみ入場できます。
5. 代表利用者(責任者)は、無人航空機に関する全てに責任を持ち、安全管理を行ってください。
6. 飛行時は、利用者全員ヘルメットを着用し、安全対策を徹底してください。
7. 利用者は、損害賠償保険に加入し、保険証書の写しを持参してください。
8. 利用者は、無人航空機の飛行に関わる法律、条令、規制等を遵守してください。
9. 利用者は、電波法および関連法規に定められた技術基準に適合する機器を使用してください。
10. 利用者は、フライト毎に飛行前の事前点検・整備を行ってください。
11. 利用者は、近隣のプライバシー保護に留意し、空撮データの公開を行わないでください。
12. 利用者は、緊急時の連絡、また事故発生時の対応を着実に行ってください。
13. 利用者は、利用後の原状回復を行ってください。
14. 見学者は、飛行可能エリアに立ち入らないでください。

禁止事項

1. 利用者が次の各号のいずれかに該当する場合は利用をお断りします。
これにより利用者に生じたいかなる損害についても、管理者は一切の責任を負わないものとします。
(1) 利用規約に記載した”利用管理等”を逸脱する運用を行った場合。
(2) 利用目的(ドローン飛行訓練)と実際の利用内容が異なる場合。
(3) 利用申込み時の記入内容に偽りがあると管理者が判断した場合。
(4) 管理上または風紀上好ましくないと管理者が判断した場合。
(5) 関係法令に反する場合。また関係官公署の指示に反する場合。
(6) 管理者の許可なく、試験飛行場内外で作業や催事行為(撮影、印刷物の配布、募金行為、宗教活動、政治活動等)をした場合。
(7) 集団的にまたは常習的に暴力的不法行為、反社会的行為などを行うおそれがある組織の利益になると管理者が判断した場合。
(8) 試験飛行場への危険物の持ち込み、または試験飛行場内の建物、設備、備品等を汚損、破損、紛失した場合。
(9) 音、振動、臭気の発生等により、試験飛行場周囲に迷惑を及ぼす、またはそのおそれがある場合。
(10)管理者からの注意に従わず、また本規約に違反すると管理者が判断した場合。
(11)その他、公序良俗に反する場合。
(12)アルコール飲料を飲んでの入場、試験飛行場内で飲酒をした場合。
(13)たき火、その他火気を用いる行為を行った場合。
(14)管理者並びに試験飛行場の運営を妨害した場合。
(15)法令違反、犯罪もしくは、それらのおそれのある行為をした場合、または刑事事件に関与している疑いがあり、試験飛行場の利用を継続することによって管理者の信用が害されるおそれがある場合。
(16)その他、管理者が利用者として不適当と判断した場合。
2. 前項により利用申込みの取り消し、または利用中止した場合は、管理者は既に受領した利用料金を一切返金しないものとします。
3. 第1項により管理者に損害が発生した場合は、管理者は、試験飛行場利用の有無にかかわらず、当該利用者に対して被った損害の賠償を請求するものとします。

免責および損害賠償

1. 利用中に発生した盗難被害、破損事故および人身事故その他の物的または人的な一切の損害については、その原因の如何を問わず、管理者は一切の責任を負わないものとします。
2. 利用中に天候不良、天変地異、関係各省庁からの指導、その他管理者の責に帰さない事由により試験飛行場利用が中止された場合、その損害については、管理者は一切の責任を負わないものとし
ます。
3. 利用者が施設内外の建造物、設備、貸出備品を毀損、紛失させた場合には、利用者がその損害を全て賠償しなければならないものとします。
4. 利用者が本規約に違反したことによって、管理者に損害が生じた場合は、利用者がその損害の全てを賠償しなければならないものとします。
5. 利用者が、管理者により利用を取り消された場合、その損害については、管理者は一切の責任を負わないものとします。
6. 利用中に利用者自身の都合で利用を取りやめる場合、管理者は受領した利用料金を返金しません。
7. 管理者の責に帰すべき事由により、利用者に損害が発生した場合は、管理者は受領した利用料金を限度として、その損害を賠償するものとします。
8. 利用者の機会損失等の得べかりし利益については、管理者はその損害の責任を負わないものとします。
9. 利用者が被った飛行練習場外での事故等について管理者は一切の責任を負わないものとします。

WEBサイト規約

第1条(適用)

本規約は、ユーザーと荒川岩淵関緑地バーベキュー場(以下弊社)との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします

第2条(利用登録)

登録希望者が弊社の定める方法によって利用登録を申請し、弊社がこれを承認することによって、利用登録が完了するものとします。
弊社は、利用登録の申請者に以下の事由があると判断した場合、利用登録の申請を承認しないことがあり、その理由については一切の開示義務を負わないものとします。
(1)利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合
(2)本規約に違反したことがある者からの申請である場合
(3)そのほか、弊社が利用登録を相当でないと判断した場合

第3条(禁止事項)

ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の行為をしてはなりません。

(1)法令または公序良俗に違反する行為
(2)犯罪行為に関連する行為
(3)弊社のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為
(4)弊社のサービスの運営を妨害する恐れのある行為
(5)ほかのユーザーに関する個人情報等を収集または蓄積する行為
(6)ほかのユーザーに成りすます行為
(7)弊社のサービスに関連して、反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
(8)そのほか、弊社が不適切と判断する行為

第4条(本サービスの提供の停止等)

弊社は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。

(1)本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合
(2)地震、落雷、火災、停電または天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難となった場合
(3)コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合
(4)そのほか、弊社が本サービスの提供が困難と判断した場合
弊社は、本サービスの提供の停止または中断により、ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害について、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。

第5条(利用制限及び登録抹消)

弊社は、以下の場合には、事前の通知なく、ユーザーに対して、本サービスの全部もしくは一部の利用を制限し、またはユーザーとしての登録を抹消することができるものとします。

(1)本規約のいずれかの条項に違反した場合
(2)登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
(3)そのほか、弊社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合
弊社は、本条に基づき弊社が行った行為によりユーザーに生じた損害について、一切の責任を負いません。

第6条(免責事項)

弊社の債務不履行責任は、弊社の故意または重過失によらない場合には免責されるものとします。
弊社は、何らかの理由によって責任を負う場合にも、通常生じうる損害の範囲内かつ有料サービスにおいては代金額(継続的サービスの場合には1ヶ月分相当額)の範囲内においてのみ賠償の責任を負うものとします。

弊社は、本サービスに関して、ユーザーとほかのユーザーまたは第三者との間において生じた取り引き、連絡または紛争等について一切責任を負いません。

第7条(サービス内容の変更等)

弊社は、ユーザーに通知することなく、本サービスの内容を変更しまたは本サービスの提供を中止することができるものとし、これによってユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第8条(利用規約の変更)

弊社は、必要と判断した場合には、ユーザーに通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。

第9条(通知または連絡)

ユーザーと弊社との間の通知または連絡は、弊社の定める方法によって行うものとします。

第10条(権利義務の譲渡の禁止)

ユーザーは、弊社の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し、または担保に供することはできません。

第11条(準拠法・裁判管轄)

本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。
本サービスに関して紛争が生じた場合には、弊社の本社所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。